トップページ>ドメイン>独自ドメインのメリット

独自ドメインのメリット


独自ドメインのメリット
独自ドメインには様々なメリットがありますが、一番のメリットは「信用」と言えるでしょう。

独自ドメインの必要性
インターネット上で何かを始めたり、ビジネスを展開する場合を考えると、個人や自社で独自ドメインを持つことは今や当たり前となっています。逆に独自ドメインを持っていないと、「信頼性に欠ける」という危険性まであといわれています。それほど、独自ドメインを持つということが、インターネットの世界では、重要なこととなっています。

ホームページやメールでは、実態(顔)が見えにくいものです。だからこそ、安心や信用を得るために、様々な工夫が必要となります。その第一歩が独自ドメインの取得といえます。

住所(ドメイン)はわかりやすく
ドメインはいわば、インターネット上の住所といえるものです。沢山の人に気軽に訪れてほしいと思うなら、まずは知ってもらって覚えてもらわなければなりません。

プロバイダーが提供しているドメインの場合、自分の思うような文字列にはできませんし、長くて覚えにくいアドレスになることがほとんどです。これでは、名刺やポスターに印刷しても、覚えにくく効果も半減してしまいます。

「わかりやすく」「覚えやすく」そして「世界でただ一つのあなただけのドメイン」をとって、メールアドレスに利用したり、ホームページを立ち上げて自分や自社をアピールしてください。


他にも以下のようなメリットもあります。
  ■ まだ取られていなければ、会社名や商品名など自由に付けることができます。
  ■ 独自ドメインを、会社名(屋号)や商品名にすることでお客様にも覚えてもらいやすくなります。
  ■ ビジネスをする上で信頼性アップにつながります。
  ■ 世界唯一ですので独自のアドレスが使えます。
  ■ プロバイダーやレンタルサーバを変更してもそのまま使用できます。
  ■ 独自ドメインは一生涯使うことが可能です。
  ■ 独自ドメインは変わらないので、検索エンジン登録・リンク等にも無駄がありません。


各種ドメイン属性の特徴
co.jp
日本国内で登記を行っている会社が登録できます。 ・株式会社、有限会社、合名会社、合資会社、相互会社、合同会社など ・信用金庫、信用組合、外国会社(日本で登記していること)
jp
△■
日本国内に住所をもつ個人・団体・組織であれば誰でもいくつでも登録できます。
com
△■
主にCommercial(企業)が対象
net
△■
主にNetworks(ネットワーク管理団体)が対象
org
△■
主にOrganizations(非営利団体)が対象
biz
△■
主にBusiness(商用)が対象
info
△■
主にInformation(情報通知)が対象
ac.jp
高等教育機関、学術研究機関などが登録できます。 大学、大学校、高等専門学校、大学共同利用機関などの学術研究機関 学校法人、職業訓練校、職業訓練法人
go.jp
日本の政府機関や各省庁所管の研究所、特殊法人、独立行政法人が登録できます。 政府機関については、日本政府を1つの組織と見なしてGO.JPドメイン名を割り当てているとの考え方から、政府内の組織単位の判断は行っていません。
ed.jp
初等中等教育機関および18歳未満を対象とした教育機関が登録できます。 保育所、幼稚園、小学校、中学校、中等教育学校、高等学校 盲学校、聾学校、養護学校、専修学校 各種学校のうち、主に18歳未満を対象とするもの
or.jp
以下の法人組織が登録できます。 財団法人、社団法人、医療法人、監査法人、宗教法人、特定非営利活動法人、特殊法人など 農業協同組合、生活協同組合など 国連等の公的な国際機関、国連NGOまたはその日本支部 外国政府の在日公館など
マーク: 法人登録がされている企業が取得できるドメインです。法人のみが取得できるドメインは、
登記などの登録資格が必要となります。1つの組織で1つのドメイン名が登録できます。
マーク: 屋号/個人事業主の方でも取得できます。いくつでも登録できます。