トップページ>ドメイン>迷惑メール対策

迷惑メール対策


ホームページを公開すると、必ずと言っていいほど発生する問題の1つが、迷惑メール(スパム・ジャンクメール)ですね。正しくは「有害メール」と呼んだ方が良いかもしれません。これを何とかしたい人はかなり多いことでしょう。そこで、ここではスパムブロックという方法で、迷惑メールを減らすための対策を取り上げてみたいと思います。


まず「スパマー」について、用語辞典で調べてみると ・・・

スパマーとは、不特定多数のユーザーへと一方的にSPAMと呼ばれる広告メールを送る企業や人のことである。メールの内容は特定の商品の購入や、何らかのサービスへの入会を薦めたり、詐欺まがいの違法行為に勧誘している場合など様々である。インターネットメールの送受信が行える携帯電話に対して、いわゆる「迷惑メール」を送りつける事業者などもスパマーの一種であるといえる。

この場合、送信先のメールアドレスは、メールアドレスを取り扱っている業者からの名簿を購入したり、自動的に巡回して掲示板などからメールアドレスを自動収拾するプログラムを利用したり、総当たりなどの手段を使って、集められている。プロバイダの規約によってSPAM行為が禁止されている場合も多く、これに違反してSPAMを送信した場合は、利用停止などの措置を受ける可能性もある。ただし、 SPAM自体は現在の法律では規制は受けているものの犯罪行為とはならないため、インターネット上からなくすことは現実的には難しいと言われている。


実際の所、スパムメールの威力は、インターネットを使った宣伝方法の中で一番と言われています。迷惑メール送信業者にとっても、広告を載せる人にとっても、これはとても魅力的なことだという事がお判りいただけるかと思います。

では、ホームページを公開するとなぜ迷惑メール(スパム・ジャンクメール)が増えるのでしょう? それは、ホームページにメールアドレスを載せているからに他ありません。スパマーは、このメールアドレス宛にメールを送っているのです。

ここでちょっと考えて見てください。迷惑メール対策を立てるときに、大事なポイントがあることに気づきませんか? それは、スパマーは直接サイトを見に来るのではなく、ロボットプログラム(スパムロボット)を使って、サイトの中からメールアドレスだけを収集しているのです。だとすれば、このスパムロボットにアドレスを収集させなければ、ホームページ経由の迷惑メールは、ほとんど防ぐことが出来るのではないでしょうか。

では、このようなロボットプログラムにメールアドレスを抽出され難いようにするために、以下のような方法が考えられています。いわゆるこれが、スパムブロックと呼ばれる方法です。

【注意】
これらの方法は、100%迷惑メールを防ぐことができる方法という事ではありません。あくまで、迷惑メールを減らすための方法だとお考えください。また、ひとつの方法よりも複数の方法を組み合わせて使うほうがより効果が高くなる事もお忘れなく。

ロボットプログラムの動きやアドレスの収集の仕方には、<A>タグ(アンカータグ)をたどるという特長があるようです。そうすることで、サイトの全体的な構造を把握したり、新たなサイトを見つけたりする事が出来ます。 また<A>タグ内の、mailto:で書かれたリンクをメールアドレスと認識したり、@(アットマーク)の前後に書かれた文字をメールアドレスと認識するものもあるようです。


info@webk.net のアドレスを参考にしてスパムブロックの方法を紹介します。

「アドレス自体を変更する」
infoKOCHIRA@MAILwebk.netOKURIMASU のように、余分な文字を加えて、アドレス自体を変更してしまいます。
(注意)メールを送信するときには、「メールアドレスのうち、大文字になっている所は、スパム対策のため意図的に付け加えられていますので、大文字の部分は削除してください。」というように併記して、大文字の部分を消してもらいます。

「@ (アットマーク) を変えてしまう」
info■webk.net のように■を使ってアドレスを表示する。
(注意)メールを送信するときには、「スパムメール対策のため、@を■に変えてあります。メールを送信するときは、■を@に戻してから送信してください。」 というように併記して、注意してもらいます。

「@ (アットマーク) を全角表示する」
info@webk.net を info@webk.net と全角日本語表示の文字に変更します。
(注意)この場合も同じように注釈を付けておきましょう。

「@ や mailto の前後にスペースを入れる」
info @ webk.netmailto :_info@webk.net のようにスペースをいれます。
スパムロボットの収集するデータは、すべて文字と言われています。その特性を利用して文字を使わずに、画像でメールアドレスを表示する方法もあります。

「メールアドレスに画像を使って表示する方法」
ペイントソフトなどで簡単に出来るので、 info@webk.net (gif画像など)を画像で表示させます。
(注意)間違っても 画像にメールアドレスのリンクを埋め込まないようにしてください。スパムブロックの意味が無くなってしまいます。また直接メールアドレスを入力する必要があるため、お客さまにはあまり喜ばれないかもしれません。

「<META>タグを利用する方法」
トップページにアドレスを表示する場合以外は、お問い合わせページなどを作って、そこにアドレスを表示するようにして、お問い合わせページのヘッダー部分に、(<HEAD>と</HEAD>の間です)と書き加えてください。 この内容は、ロボットに「このページを探らないでください。このページにあるリンクをたどらないようにしなさい」と教える内容です。もちろんメールアドレスを収集するロボットがこんなことは聞いてはくれません。しかし、googleやyahooなどのちゃんとした検索サイトのロボットはいうことを聞いてくれるのです。(本当かな?)お分かりの通りこの方法はあくまで検索サイトにキャッシュされないようにして、アドレス収集ロボットに見つかりにくくする方法で、アドレスの収集を防ぐというわけではありません。

「文字参照(エンコード文字)を使う方法」
ご存知かどうか分かりませんが、@(アットマーク)をブラウザに表示させる場合、HTMLのソースでは、通常は「@」と書かれています。しかし、実はソースに「@」と書いてもブラウザでは「@」と表示されるのです。ロボットの場合、ソースを直接見るので、この方法を使ってロボットを混乱させる方法をとるのです。

例) <A href="mailto:info@webk.net">メールアドレス もちろんこの場合、@ だけでなく「""」の内側も「メールアドレス」のところも文字参照(エンコード文字)を使って表示させる事ができます。

と言った具合で、あくまで初歩的な方法をお知らせしましたが、これ以外にもJavaScriptを使ったり、CGIを使う方法などもありますので、皆さんでもいろいろと調べて、試してみてはどうでしょうか。

■ こんな記事も (http://hotwired.goo.ne.jp/ 提供元)