トップページ>ドメイン>ドメインの得する話

ドメインの得する話

ドメインとサイトの関係

ここでは、ドメインを取得して、サイトがどのように運用されるのかをお話しましょう。ここでは、通常よく見られる以下の3つパターンについてお伝えします。

   http://△△△.domainkobo.com/○○○/
   http://○○○. domainkobo.com/
   http://○○○.com/

http://△△△.domainkobo.com/○○○/(URLをディレクトリで割り当てている)
このサイトURLの場合は、プロバイダサービス会社などが考えられますが、この場合、△△△のところはプロバイダなどから自動的に割り当てられたホスト名で、domainkobo.comはプロバイダのドメイン名になります。

http://○○○. domainkobo.com /(URLをサブドメインで割り当てている)
このサイトURLの場合は、レンタルサーバーで運用されていることが多く、この場合は、○○○のところがサイト保有者によって指定されている名前です。domainkobo.comはレンタルサーバーなどが持つドメインになります。

http://○○○.com/(URLを独自ドメインで割り当てている)
この場合も、レンタルサーバーなどで運営していることが多く、サイトの管理人が自由に決定することができます。ちなみに、http://のあとに付くことがあるwww.というホスト名は、付けても、付けなくても、同じように使えることが多く、ウェブキーパーズのサービスでは、もちろん対応しています。また、サイトによっては、意図的に付いているときと付いていないときで違うページを表示させたりすることも出来ます。

レジストリとレジストラ

レジストラとレジストリという言葉。これって何?と思った人も多いことでしょう。さてこの2つの違いとは一体何でしょう。

レジストラとは?
レジストラとは、ドメイン登録代行業者のことです。ただ、ドメイン登録代行業者なら、すべてがレジストラということではなく、ICANNという組織に認定されていて、レジストリと直接契約している業者さんだけが、レジストラと呼ばれるのです。

レジストラ以外のドメイン登録代行業者のことは、リセラーと呼ばれます。ウェブキーパーズはドメイン登録代行業者なので、リセラーになります。

レジストリとは?
レジストリとは、レジストラの上位にある、ドメイン自体を統括している団体のことです。ドメインの拡張子(TLD)ごとに1つのレジストリが存在します。

私たちがドメインを取得する際には、レジストリと直接契約することはできません。ですので、ドメインを取るときには必ずドメイン取得代行業者に取得の代行をお願いします。また、取得したドメインの管理もドメイン取得代行業者に行ってもらうのが普通です。

*ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)とは、IPアドレスやドメインの管理・調整を世界的に統括するための非営利団体で、レジストラを公認する権限も持っています。

DNSとネームサーバ

インターネット上のサーバ(コンピューター)には必ずIPアドレスが割り当てられていることはお話しましたが、このIPアドレスと、ドメインとを関連付けているのが、DNSと呼ばれるものです。仮に、○○○.comと入力してアクセスしようとすると、まず、このDNSに繋がります。そこで、DNSは、○○○.comのアドレスなら000.000.000.000っていうIPアドレスのコンピューターですよ、と教えてくれるのです。そして、今度はこのIPアドレスのサーバに繋がってみんなが、ウェブページを見ることができるというわけです。

独自ドメインでメールを運用

ドメインを取ってまずやる事は、そのドメインを使ってメールアドレスを持つことではないでしょうか? 独自ドメインを使ってメールアドレスを持つ方法としておすすめなのは、ホスティングサービスです。もちろん「ウェブキーパーズ」ですね。 独自ドメインのメールアドレスを持つ方法は、ほかにもありますが、ホスティングサービスを利用すれば、それ自体でホームページとメールの両方を持てて、多機能、格安、そして管理も簡単に行う事が出来るようになるのです。
ホスティングサービスと言われると、ホームページの運営のために使うもの?と思われるかもしれませんが、メールの運用だけに使う事も出来るのです。ホスティングサービスならホームページが必要になったときにすぐに持てるのも魅力のひとつですね。そのままサービスを変更する必要もないので、とても便利です。 ウェブキーパーズなら、ウイルスチェックも無料で付いていて、メールアドレスも無制限に利用出来るなど特典が一杯です。

独自ドメインでホームページ運用

ドメインを取る事は、ホームページを運用するためという人が多いかも知れませんが、その場合に必要になるのがホスティングサービスですね。(自前サーバでもOKですが…)ホスティングサービスを利用すれば、ホームページでできることも多く、柔軟に運用することもできると思います。また、メールアドレスも何個でも使えて、ウイルスチェックやスパムフィルターがついていてとても便利です。ウェブキーパーズのホスティングサービスならば、ドメイン取得からメール、ホームページの運用まで気軽に始めることが出来ます。